シミ 消す クリーム

シミを消す効果的な成分って何?おすすめのシミ対策クリームを紹介します

透明感のある白い肌は若々しく健康的に見えますよね。

逆にシミができていたり、顔全体がくすんでいると年齢よりも老けて見えることがあります。

また、20代のころはシミなんて気にならなかったのに30代を過ぎると色素沈着が急に気になりだします。

でも、年齢だから仕方がないとか、できてしまったシミはどうにもならないとあきらめることはありませんよ。

高品質の美白コスメでケアすればできてしまったシミでも薄くしたり消すことが可能です。

シミ対策クリームにはメラニンに直接作用する成分が含まれていて効果的にお肌のケアすることができるんです。

また、保湿成分も充実している製品が多いですね。

美白ができる上にお肌の潤いやハリを保つことができればさらにうれしいですね。

敏感肌の方でも使える、肌に負担になる添加物が含まれていない美白コスメもあります。

ここでは、その中でも品質が高く多くの人に愛用されているシミ対策クリームをご紹介します。


シミを消す成分がたっぷり配合されてる美白ケアクリームランキング


 
ビーグレンホワイトケア

ビーグレンホワイトケアは、浸透テクノロジーQuSome(キューソーム)を採用した画期的な美白化粧品です。QuSomeは有効成分をトラブルの根元まで届かせ、なおかつ長時間とどまることを可能にした技術です。ビーグレーンのホワイトクリームには美白作用のあるハイドロキノンが配合されていますが、QuSome の技術のおかげで有効成分がお肌の奥まで届きスピーディーにトラブルをケアすることができます。また、紫外線をブロックするので新たなシミができるのを防ぐこともできます。また、モイスチャークリームに含まれている保湿成分も角質までとどき、長期時間に渡ってお肌に潤いを与えます。ビーグレンホワイトケアはシミを消す、シミを防ぐという美白効果を期待できるだけではなく、お肌にハリと潤いを与えることもできる高品質の製品です。

ビーグレンホワイトケアを見る
 

ビーグレンホワイトケアの口コミ

 

40歳になってからシミが気になり始め、コンシーラーで隠そうとしても無理になってきました。ビーグレーンのクリームを使うようになってから1ヵ月ぐらいでシミが薄くなってきました。全体的に肌のトーンも明るくなって嬉しいです。

 
アスタリフトホワイト

アスタリフトホワイトは富士フイルムがナノテクノロジーを駆使して開発した美白化粧品です。美白成分としてはビタミンC誘導体とアルブチンが配合されています。ビタミンC誘導体はコラーゲンの生成に欠かせないビタミンCが破壊されずに肌の奥まで浸透するようにしたものです。アルブチンは梨やサンタベリーンドの植物に含まれている成分で、メラニン色素の生成を抑える働きがあります。でも、この製品は美白だけではないんです。ツボクサエキスをナノ化した独自成分のナノAMAが配合されているので保湿成分を角質まで届けることができます。潤い成分であるアスタキサンチンも配合されているので、シミをできにくくする、シミを消すというだけでなくお肌のハリをアップさせる効果も期待できるんですね。

アスタリフトホワイトを見る
 

アスタリフトホワイトの口コミ

 

アスタリフトホワイトは浸透力がよさそうなので試してみることにしました。すごく肌に良くしみ込んでいく感じがします。2ヵ月ほど使っていますが、顔が以前より明るくなって肌のコンディションも良くなってきました。

 
ファンケル無添加ホワイトニング

ファンケル無添加ホワイトニングは、シミやそばかす、くすみや乾燥のケアをしたいという女性のためのコスメです。お肌は正常に新陳代謝を繰り返していればシミになることはありませんが、正常にターンオーバーが行われないとだんだんメラニンが蓄積してシミになってしまいます。ファンケル無添加ホワイトニングにはメラノブライトと白ブドウ発酵エキスが配合されていて、これらの成分がお肌の奥に居座っているメラニンに働きかけてシミを改善します。すでにできてしまったシミでもあきらめなくていいんですね。また、独自発想成分のアクティブビタミンCがメラニンの生成を抑えてシミやそばかすの予防をします。さらにヤグルマギクエキスは、シミの原因になるMIFをブロックしてくれます。防腐剤や香料も使用していないのでお肌に優しいクリームでもあります。

ファンケル無添加ホワイトニングを見る
 

ファンケル無添加ホワイトニングの口コミ

 

今まで2年間ファンケルの無添加ホワイトニング使ってきましたが、シミができることもなく綺麗な肌を保つことができています。保湿効果も高くて以前よりも肌のきめも整ってきました。これからもずっと続けようと思います。

 
ホワイトニングリフトケアジェル

ホワイトニングリフトケアジェルは医学論文が載せられるような雑誌でも紹介されたこともある製品で、シミを消す効果を期待できます。美白成分としては薬用美白プラセンタが高濃度で配合されています。これがメラニンの生成を抑えてくれるのでシミを効果的に予防できます。また、シコンエキスやヒアルロン酸Na、水溶コラーゲンなど保湿成分も含まれています。弾力のある肌をサポートするゼニアオイエキスやハリ不足を防ぐのに役立つセージエキスなど、多くの天然由来エキスも配合されています。また、ジェルの外側にはマッサージ機能を加えているのでマッサージしながら美白もできるという画期的なコスメです。1つで10役こなせるオールインワンクリームなので、忙しい朝でもスキンケアを楽にできます。

ホワイトニングリフトケアジェルを見る
 

ホワイトニングリフトケアジェルの口コミ

 

伸びが良くて浸透力もあり、有効成分がどんどんお肌にしみこんでいく感じがします。このクリームを使ってマッサージをするようになってから肌もワントーン明るくなりました。メイクのノリも良くなってきたのがわかります。

 
サエル

サエルはポーラ・オルビスグループが開発した敏感肌と乾燥肌をケアするためのクリームです。敏感肌はほこりや乾燥などに弱いですが、サエルにはお肌の表面を覆ってバリアを形成する成分が入っているので、お肌を外部の刺激から守ることができます。このバリアは水分の蒸発を防ぎお肌の潤いも保ちます。また、配合されている人型ナノセラミドが角質まで浸透してお肌の中からしっかりと保湿します。ポーラ研究所が開発したオリジナル成分のエスクレシドはメラニンの生成に関係しているチロシナーゼという酵素が作られるのを抑えてくれます。サエルの美白化粧水、美白クリーム、美白美容液をセットで使えば敏感肌の方でも効果的にシミ対策ができますよ。

サエルを見る
 

サエルの口コミ

 

敏感肌なので、今まではどの美白化粧品を使っても肌にトラブルが起きていました。サエルは肌がひりひりすることもなく問題なく使えています。気になるシミも目立たなくなってきて、サエルに出会えて本当によかったです。

ビーグレンホワイトケアがおすすめの理由

ビーグレンホワイトケア

シミを消したいという悩みを最も効果的に解決してくれるのはビーグレンホワイトケアと言えるでしょう。有効成分を肌の奥まで浸透させるQuSomは医学界でも認められた技術で、実際に使用した方たちからも肌が明るくなった、シミが薄くなったという声が寄せられています。また、この技術のおかげで保湿効果も高く化粧水だけで17時間の保湿が可能であることも証明されています。とても高品質の製品ですが、このホワイトケアのトライアルセットを破格で購入して試すことができるというのも魅力的です。

セット内容は、微粒?の天然のクレイ「モンモリロナイ」が含まれた洗顔料、保湿成分が角質まで浸透するローション、?濃度(7.5%)のピュアビタミンCを配合した美容液、そしてハイドロキノン配合のホワイトクリーム、肌の土台を整えて紫外線対策にも役立つモイスチャーリッチクリームです。一週間たっぷり使える量なので、じっくり試してみてくださいね。ビーグレンホワイトケアを見る

 

美白クリームのおすすめへいく

 

シミを消すクリーム?人気の美白クリームをおすすめ

シミを消すのに効果的な美白クリームと謳われた製品はたくさんありますが、どれがどんな特徴を持つのか瞬時に理解するのは難しいものです。今回は女性の口コミや人気度から「シミに効く!」と評判のクリームをご紹介します。アンプルール「ラグジュアリーホワイトクリームAO」は、美白効果が非常に高いハイドロキノンを配合した美白クリームです。ハイドロキノンと言えば皮膚科での処方にも用いられるほど美白に対して積極的に働きかける成分ですが、効果が高い=肌への刺激も強いために肌荒れや乾燥の原因の一つともなってしまう困った面がありました。

ラグジュアリーホワイトクリームAOはそのようなハイドロキノンのデメリットをできる限り抑え、肌に優しいハイドロキノンを実現した数少ない美白ケアクリームとなっています。効果が高いぶん、価格設定もやや高級な製品ですが、安心感と信頼性の高さも重視している点は試してみる価値があるでしょう。推奨されている使い方は夜のスキンケア時にのみ用いるもので、化粧水や美容液で整えた肌にマッサージするようになじませていきます。

顔の肌だけではなく、年齢が出やすい首元やデコルテへの使用も可能です。首の付根から顔へ、下から上へリフトアップを意識しながら使うと美白ケアとエイジングケアを兼ねることができますよ。肌への浸透を高めるために、クリームを塗る前に手のひらであたためてからなじませ、最後にゆったりとハンドプレスするとより効果的です。

ラグジュアリーホワイトクリームAOにはハイドロキノンが1%配合されており、高い美白効果を生み出す一方で、やはり肌への刺激が気になるという人も多くいます。日中のお手入れには使わないこと、効果が高いからと言って塗りすぎないことなどいくつかの注意点を踏まえながら、用法を守って使用することでほとんどのトラブルは防げるでしょう。もちろん、肌への何らかのトラブルを感じたら使用を中止することも必要です。

ラグジュアリーホワイトクリームAOはなかなか高級なクリームなので、最初は購入を悩む人も多いはずです。そのような場合は、まずは7日間たっぷりと試せるトライアルセットから始めてみましょう。化粧品を選ぶ際には成分はもちろん、肌への使用感や手に取ったときの感触、伸びや香りもケアを続けるうえで非常に重要な要素になりますから、総合的に「自分との相性」をチェックできるトライアルセットはそのような意味でもおすすめです。

シミを消すクリームって効果があるの?

ドラックストアやネット通販などでシミを消すクリームを見かけますが、本当にシミを消す効果があるのかな?と疑問に思う人もいるでしょう。基本的に、シミを消す美白クリームは化粧水や乳液よりも油分が多く、保湿効果が高い上に含まれている成分が安定しているので美白効果が高いと言われています。そもそも美白効果というのシミの原因、メラニンの生成を阻害してシミができないように予防したり、既にできてしまったシミを分解して肌を漂白し、シミを薄くする効果のことです。ただシミと一言で言っても実は色々な種類があるため、残念ながら美白クリームではシミを薄くする美白効果があまり期待できない種類のシミもあります。

まず、紫外線や老化などが原因でできる老人性色素斑は、最もポピュラーなシミです。メラニンの蓄積によりできるシミで、薄いものなら美白クリームでも薄くなる可能性があります。更に目の下辺りにできるそばかす(雀卵斑)もシミの一種ですが、そばかすは遺伝が主な原因なので美白クリームでは効果は薄いと言えます。

しかし、紫外線に当たるとそばかすもどんどん濃くなるので、そばかすが濃くなるのを予防する意味としては美白クリームは役立ちと言えます。また、炎症性色素沈着は額や顎、頬や目元などにできやすく、ニキビ跡や虫さされ、やけどなどの傷の色素が沈着してシミになってしまったものです。時間がある程度経過すれば徐々に薄くなっていきますが、日々紫外線を浴びてしまうことで、逆に濃くなる場合もあります。

炎症性色素沈着の場合は、美白クリームをこまめに使うことで薄くなりますが、ピーリングなどをしすぎると悪化してしまう可能性もあります。そして、左右の眼の下に対称にできる肝斑は、女性ホルモンのバランスが乱れた時にできやすいシミの一種です。妊娠中や更年期の女性の多くみられますが、美白クリームでも薄くなる可能性があります。

そして5つ目の脂漏性角化症は、紫外線と肌の老化によりシミが盛り上がってイボのようになった状態のできものです。老人性色素斑が悪化したことによりできる場合もありますが、美白クリームでのケアによる改善は難しいとされています。ただ、美白クリームを新しくイボ状のシミができないように使う予防には効果的です。

自分の顔にできているシミをチェックし、美白クリームでは効果が薄いという場合でも予防ケアとしてどれも有効的なので、使う価値が十分にあると言えます。

医療業界でも認められたシミを効果的に消すクリームとは

シミを消すクリームが欲しいけど、シミ対策のクリームは高額なものを購入しないと効果がないと思っているかもしれません。シミを消すクリームを選ぶのであれば、まず美白効果の高いビタミンC誘導体やルシノール、アルブチンなどの成分が配合されているものを選ぶようにしてください。実は美白効果が高い成分としてハイドロキノンがあり、ハイドロキノンはその他の美白成分に比べて10-100倍の美白効果があるということが分かっているのですが、ハイドロキノンはお肌への刺激が強く、また光や熱で変性してしまいやすいという成分なので、長らくの間、ハイドロキノンは美白系の化粧品には不向きという風潮がありました。しかしアメリカ発の化粧品であるb.glenではこのハイドロキノンをお肌に浸透しやすく、かつお肌への刺激が少ない安定的な成分として使用することに成功しました。

それがQuSome化ハイドロキノンで、b.glenではQuSome化したハイドロキノンが配合された化粧水やクリームなどラインで使用することができます。元々、ブライアン・ケラー博士は今まで医療技術をメインに研究をしていたのですが、ある日奥さんが使用している化粧品の成分表示を見て驚きます。使用していた化粧品には美容成分が沢山配合されていたのですが、それらの成分は普通お肌には浸透しない性質を持っていたからです。

そこに疑問を感じたケラー博士が開発したのが、QuSomeという浸透技術を開発し、現在、シミを消す効果だけでなく、美白や保湿効果の高いb.glen化粧品が誕生したのです。QuSome化したハイドロキノンが配合されたb.glenの化粧品を使用すると、皮膚バリアも通り抜けることが出来るので、シミの元にまで浸透することができます。また届いた成分が長時間安定して留まってくれるので、より効果を発揮しやすくなります。

b.glenの効果の高さは医学業界でも認められており、2016年9月号の「診療と新薬」にb.glenの化粧水の保湿力の高さが掲載されています。b.glenではトラブルの根元に成分が働く作用と、同時に紫外線をブロックして新たなシミが出来るのを防ぐ効果があるライトニングクリームであるホワイトクリーム1.9があります。さらに角質層にまで潤い成分が浸透して、みずみずしいお肌に導くモイスチャーリッチクリームの二種類のクリームが販売されています。

使用者の間では刺激を感じることなく、美白や保湿効果を感じることが出来るという口コミが多いので、まずはお試しセットから試してみてください。。
更新履歴

メニュー

このページの先頭へ